top / index / prev / next / target / source

2005-07-29 diary: SQLを整形するEclipseプラグイン - BlancoSqlEditorPlugin 初の正式版リリース

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

SQLを整形するEclipseプラグイン - BlancoSqlEditorPlugin 初の正式版リリース

BlancoSqlEditorPluginの初の正式版 (0.1.0) をリリースさせていただきます。

SQLを整形するEcilpseプラグイン - BlancoSqlEditorPlugin 正式版リリース

SQLを整形するEclipseプラグイン「BlancoSqlEditorPlugin」の初の正式版 (0.1.0)をリリースします。

このような素晴らしいオープンソースソフトウェアを公開できるに至ったことは、ひとえに a-sanさん(SQL整形ライブラリの開発) と sariさん(Eclipseプラグイン版の開発)が行なわれた作業のたまものです。ありがとうございます。

今後の拡張予定

次期バージョン(0.2.0)では下記の機能拡張を行う予定です。※リリース時期については、多くを期待しないでください…

2005.08.06更新 後日談。結局、上記のような配色としました。

当面対応しない(できない) 予定の機能は下記になります。※確保可能な稼働の制約のため とても対応できそうにありません。

関連する日記

業務プログラムにおけるダメ実装パターン

※業務的に必要性が見あたらないところで これら例外が発生しうるのは、そもそもの実装思想が危険である可能性を示唆しています。

業務システムは、型セーフであり、そして追跡性が良いように作られていないと、なにかと問題があります。、、、と私はいつも考えています。しかし困ったことに、今の世間の流行はそうではない方向のものが多いのです…

Curlの開発環境にはコード補完機能がありました

Curlの開発環境に コード補完機能があることを確認しました。通信レベルで究極的に型セーフにしようとしたら、名称と型が付いたPOJOクラスを Curlに与えることにより実現可能なことがわかりました。

世間のニュースから


この日記について