top / index / prev / next / target / source

2006-10-20 diary: Javaアプリケーションを簡単に常駐プログラム化する blancoService 最新版リリース

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

Javaアプリケーションを簡単に常駐プログラム化する blancoService 最新版リリース

Javaアプリケーションを簡単に常駐プログラム化するためのツール blancoService 最新版をリリースします。blancoServiceは、サービス定義書という *.xls形式のファイルを入力として、Javaアプリケーションを常駐プログラム化するためのソースコードを自動生成します。

Javaアプリケーションを簡単に常駐プログラム化する blancoService 最新版リリース

Javaアプリケーションを簡単に常駐プログラム化するためのツール blancoService 最新版をリリースします。 blancoServiceは、サービス定義書という *.xls形式のファイルを入力として、Javaアプリケーションを常駐プログラム化するためのソースコードを自動生成します。

今回のリリースの最大の変更点は Eclipseプラグインに対応したことです。

blancoServiceが自動生成したソースコードの動作には、Apache Tomcatや WebLogicといった Webアプリケーションサーバが導入されていることが必要です。一方で Webアプリケーションサーバが導入済みであるという前提条件を満たせば、web.xmlファイルをほんの少し変更するだけで、OSへのインストール作業などを一切抜きに、Javaアプリケーションを常駐プログラムとして動作させることができます。しかも様々なOSの上での常駐化が実現できるのです。これは、blancoService が Java Servletの仕組みを応用するという構造を取っているからこそ実現できていることなのです。

Javaアプリケーションを常駐プログラム化したいというニーズのある方には、検討する価値のあるツールのひとつであると考えます。Javaアプリケーションの常駐化の際に、OSに対する設定が必要ないという点は非常に特徴的だと思われるからです。(あくまでも Webアプリケーションサーバが導入されているという前提条件は絶対です。)

なお、基本的に Webアプリケーションサーバの起動している時間だけ blancoServiceの仕組みを使って常駐プログラム化された Javaアプリケーションは動作します。

将棋: 手筋の本などを数冊買いました

ここ最近購入した将棋の本をメモしておきます。


この日記について