top / index / prev / next / target / source

2007-11-01 diary: blancoMailCore (0.6.1) リリース , JavaMail 1.4.1 リリース

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

blancoMailCore (0.6.1) リリース , JavaMail 1.4.1 リリース

blanco Frameworkは、blancoMailCore 初の正式版 (0.6.1) をリリースしました。 , JavaMail 1.4.1がリリースされていました。

blancoMailCore (0.6.1) リリース

blanco Frameworkは、blancoMailCore 初の正式版 (0.6.1)をリリースしました。

blancoMailCoreは メール送受信を安全で簡単に利用できるようにするためのJavaライブラリ(jarファイル)です。 blancoMailCoreは内部的には JavaMail APIを利用しています。しかし blancoMailCoreを使うと JavaMail APIよりもずっと簡単にメール送受信を利用できます。blancoMailCoreが提供するいくつかのバリューオブジェクトに値を設定してメソッドを呼び出すだけで、簡単にメール送受信機能を利用できるようになります。※他の blanco Frameworkプロダクト群と異なり、blancoMailCoreはソースコード自動生成処理系ではありません。通常の実行ライブラリによる提供となります。

今回のリリースにおいて、基本的には JavaMail 1.4 上で試験を実施しました。ただし、JavaMail 1.4.1でも一定量の動作確認は実施しました。

JavaMail 1.4.1正式対応については、試験実施のうえ 改めてリリースする予定です。

JavaMail 1.4.1 リリース

JavaMail 1.4.1 が 2007.10.22付でリリースされていました。

また、併せて JavaBeans Activation Framework (JAF) もリビジョンアップされていました。

blancoMailCoreの試験対象が増えてしまいましたです…。

さて、独断と偏見にて、JavaMail 1.4.1 の changelogを仕分て分類してみました。

改善

バグFIX

IMAP系

簡単に試したところ、JavaMail 1.4.1がリリースされたのにもかかわらず、blancoMailCoreの必要性は依然として残っているようです。

確実なチェックはしていませんが、JavaMail 1.4.1 はエンコーディングの実装が「適切な」仕様へと変更されているような直感を受けました。これから詳しく調べますが、「適切に」実装されていると、日本の古いメーラが適切に処理できない可能性があるように思います。


この日記について