top / index / prev / next / target / source

2007-12-25 diary: Subversion に CVS タグのような概念を導入する方法

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

Subversion に CVS タグのような概念を導入する方法

blanco Frameworkの記事を @ITに書きました。

Subversion に CVS タグのような概念を導入する方法

Subversion に CVS タグのような概念を導入する方法を思いつきました。

最も単純な実現方法は下記のようになります。

開発版用、安定版用とリポジトリを分けてきっちりとステージングすることにより、結果的に 安定版側のリポジトリのリビジョンが CVSタグに相当する効果を得るのです。また、リポジトリを分けておくことにより、リビジョン番号も分かれていて気持ちよく管理・分類できるように考えます。

例えば、本番機・試験機・開発機と 3つの実行環境を抱えている場合には、ちょうどそれぞれ3環境に対応する Subversionリポジトリを立てておくと、、スムーズに運用することが出来るのであろうと想像しています。

ちなみに、この説明を見たら、Subversionに詳しい人には「Subversion の○○機能を使えば 同じことが実現できるよ」と思うことでしょう。(○○機能の部分は、自分の好きな用語で補ってください)でも そのような実現方法ではなく、リポジトリ分割+ステージングによる 簡明な運用方法による実現によって、初めて 自明でわかりやすい使い勝手が実現できると考えているのです。

ツッコミ

blanco Frameworkの記事を @ITに書きました

blanco Frameworkの記事を @ITに書きました。

つい先ほど公開が開始されたようです。今回は (今回も?) 記事を書くのに 結構苦労しました。

で、、、年末進行で 記事原稿執筆が あと2本ほど存在するような記憶が、なんとなくよみがえってきました…。


この日記について