top / index / prev / next / target / source

2010-05-20 diary: Ubuntu 10.04 LTS インストール記事メモ

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

Ubuntu 10.04 LTS インストール記事メモ

SourceForge.jp に良い記事があったので、これをメモ。

Ubuntu 10.04 LTS インストール記事メモ

SourceForge.jp に良い記事があったので、これをメモ。

Ethereal -> Wireshark

Ethereal が Wireshark に名称変更したことを、つい先日知りました。

昔の恥ずかしい思い出

昔、若かった頃、とある打ち合わせにてプレゼンをする機会があり、しかし手違いでノート PC も紙資料も持参せずに出席したという、恥ずかしい思い出があります。結果、アカペラだけでプレゼンを実施せねばならなくなり、これは苦しかったです。ああ、今でも恥ずかしい思い出です。その時の聞き手は 4 名程度だったと覚えます。

これを思い出したきっかけなのですが…

今日、サイオスという会社が主催するセミナーに出席しました。題名は以下のようなものです。

広い会場に対して、空席がかなり目立ちました。それでも 30 人程度の参加者がいたように思えます。

このセミナーの 1 部で Google の営業さんが発表されました。ところが、悲しいことに、なぜか彼の PC と接続したプロジェクターでは投影することができません。画面がぱっつんぱっつんと切れてしまいます。しかも紙の配布資料も無く、したがって、Googleの山本さんは、アカペラだけでプレゼンするということになりました。Google Apps のようなビジュアル表現が重要なソフトを、アカペラだけでプレゼンするのは、これは相当に厳しいです。ああ、聞き手としても、きびしいものが感じられました。そして、残念ながらやはりプレゼンはグダグダになってしまいました。(発表者の方も、グダグダであることを自認されてらっしゃいました)

それがきっかけで、昔の若かった頃の恥ずかしい思い出を思い出しました。はずかしく、そして懐かしい思い出です。

それとともに、ノート PC とプロジェクターの接続事前試験の重要性を改めて認識しました。


この日記について