top / index / prev / next / target / source

2010-06-14 diary: 日本科学未来館の「ドラえもんの科学みらい展」 , Ubuntu Magazine Japan

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

old-v2

日本科学未来館の「ドラえもんの科学みらい展」 , Ubuntu Magazine Japan

この週末、子どもと日本科学未来館の企画展「ドラえもんの科学みらい展」を観てきました。

日本科学未来館の「ドラえもんの科学みらい展」を観てきました

この週末、子どもと日本科学未来館の企画展「ドラえもんの科学みらい展」を観てきました。

そこそこ混んでいて、入場まで 30 分待ちという状況でした。そして、入場した後も、人気の体験コーナーでは、おのおの長蛇の列でした。大変なにぎわいでした。このため、企画展は 30 分そこそこで切り上げ、常設展に行きました。

久しぶりに来たので、常設展のほうで展示内容が更新されているところが幾つもありました。展示物が変わると新鮮です。さて、こちらには 60 分ほど滞在しました。とはいえ、私はといえば、ほとんどの時間休憩コーナーのようなところにあるソファーに座っていました。子どものほうは、ほとんどの時間、インターネット物理モデルの展示物の箇所に張り付いていました。インターネットの仕組みを実体化したあの仕組みが、子どもにとって興味深かったようです。

アスキー: Ubuntu Magazine Japan

Ubuntu 関連雑誌 (ムック) として、アスキーから Ubuntu Magazine Japan という本が出版されています。今の時点では vol.04 まで出ています。

最初に vol.3 を購入しました。これを見て、とても良い出来だと判断し、続けてバックナンバーを購入しました。そして、最近出た最新刊も購入しました。このシリーズ、とても良くできたムック本だと思います。

vol.1 から vol.4 まで読んで、特に vol.3 の出来がすばらしいです。あるいは、丁度私が知りたいような内容が書いてありました。vol.3では、Ubuntu のリマスタリング (自分専用 LiveCD の作成など) 特集記事や おのおののディレクトリの説明記事など、私にとって、とても充実した内容でした。


この日記について