top / index / prev / next / target / source

2014-03-03 diary: [VMware] ゲストOSの時計がフットプリント付きでずれる場合の回避策

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

[VMware] ゲストOSの時計がフットプリント付きでずれる場合の回避策

VMware Player において、9時間とかのきりのよいズレではなくって、なぞのフットプリントによるズレが発生する場合の回避策です。「.vmx」ファイルに以下の行を追加すると回避できます。

rtc.diffFromUTC = "0"

VMware Player が想定したずれを nvram ファイルに記憶して再生する機能があるのですが、このオプションは この機能を無効化することができます。 機能そのものは、想定したずれを学習型ではなく静的指定するためのもののようです。

そもそも、このオプション、通常時においても明示的に設定したほうが幸せである可能性があります。

登場キーワード


この日記について