top / index / prev / next / target / source

2016-09-04 diary: Ubuntu 16.04 に Oracle Java JDK を入れる方法【/opt 編】 update

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

Ubuntu 16.04 に Oracle Java JDK を入れる方法【/opt 編】 update

Ubuntu 16.04 に Oracle 社製の Java JDK をインストールするための手順を簡易にメモします。

ダウンロード・サイト

最初に JDK インストーラーをダウンロードします。Linux 用で .tar.gz の版をダウンロードします。

また、Ubuntu 16.04 Desktop のデフォルトは 64 bit であるので、ダウンロードするのも 64 bit 版のものを選択しました。 いま確かめた手順だと、ファイル名は「jdk-8u102-linux-x64.tar.gz」になります。そしてこのファイルを /tmp/ に配置してから次の手順に進みます。

インストール方法

以下のコマンドを順に実施することによりインストールすることができます。update-alternatives は便利なコマンドでして、この手順によりインストールした Java JDK を OS のコマンドとして組み込むことが可能です。

export JDKDIR=jdk1.8.0_102

cd /tmp
tar xvzf jdk-8u102-linux-x64.tar.gz
sudo mkdir -p /opt/$JDKDIR
sudo mv $JDKDIR/* /opt/$JDKDIR/
sudo update-alternatives --install "/usr/bin/java" "java" "/opt/$JDKDIR/bin/java" 1
sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javac" "javac" "/opt/$JDKDIR/bin/javac" 1
sudo update-alternatives --install "/usr/bin/javaws" "javaws" "/opt/$JDKDIR/bin/javaws" 1

設定変更が反映されたことを確認

以下のコマンドが適切に動作すれば、インストールが成功していることが確認できます。

java -version
javac -version

この日記について