top / index / prev / next / target / source

2017-01-02 diary: [Maven] によるシンプル Java プロジェクトサンプルの作成手順

いがぴょん画像(小) 日記形式でつづる いがぴょんコラム ウェブページです。

[Maven] によるシンプル Java プロジェクトサンプルの作成手順

Apache Maven による、シンプルな Java プロジェクトサンプルの作り方をメモします。このページの記述は、他の いがぴょんの日記 エントリから基本手順としても参照されるものにあたります。

Maven プロジェクト新規作成

mvn コマンドを用いて Maven プロジェクトを新規作成します。ここでは /tmp ディレクトリに とてもベーシックな Java プロジェクトを作成する例を示しています。

cd /tmp
mvn archetype:generate -DgroupId=my.sandbox -DartifactId=MySandboxApp -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart -DinteractiveMode=false

これにより、/tmp ディレクトリに MySandboxApp ディレクトリが作成され、そこに基本的な Maven の Java プロジェクト一式が作成されます。

Maven プロジェクト基礎設定およびライブラリ組み込み

Maven プロジェクトの記述ファイル pom.xml を編集して基礎設定およびライブラリを組み込みます。 ここでは、まず pom.xml ファイルを開きます。

cd MySandboxApp
vi pom.xml

以下のような記述を pom.xml に追加します。(変更箇所のみ掲載しています)

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>junit</groupId>
      <artifactId>junit</artifactId>
      <version>[4.12,5.0)</version>
    </dependency>
    <!-- 必要に応じて、ここに追加のライブラリ記述を追加します。 -->    
  </dependencies>

  <build>
    <plugins>
      <plugin>
        <groupId>org.codehaus.mojo</groupId>
        <artifactId>exec-maven-plugin</artifactId>
        <version>1.2.1</version>
        <configuration>
          <mainClass>my.sandbox.App</mainClass>
        </configuration>
      </plugin>
    </plugins>
  </build>

Java ソースコードの記述

mvn コマンドにより自動生成される この手順における Java ソースコードは src/main/java/my/sandbox/App.java になります。こちらをテキストエディタで編集します。

vi src/main/java/my/sandbox/App.java 

ここでは src/main/java/my/sandbox/App.java を以下のように変更しています。必要に応じてコードを記述してください。

package my.sandbox;

/**
 * Hello world!
 *
 */
public class App 
{
    public static void main( String[] args )
    {
        System.out.println( "こんにちは世界。" );
    }
}

Java ソースコードのコンパイルおよび実行

以下のような mvn コマンドにより Java ソースコードのコンパイルおよび実行できます。

mvn install exec:java

実行結果は、おおむね以下のようになります。 exec-maven-plugin:1.2.1:java により以下のようにアプリが実行されて標準出力に「こんにちは世界。」と出力されていることがわかります。

...
[INFO] --- exec-maven-plugin:1.2.1:java (default-cli) @ MySandboxApp ---
こんにちは世界。
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD SUCCESS
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Total time: 3.085 s
[INFO] Finished at: 2017-01-02T07:44:17+09:00
[INFO] Final Memory: 15M/35M
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
$ 

まとめ

上記のような手順が mvn コマンドを用いた一連のプロジェクト作成・編集・コンパイル・実行になります。

登場キーワード


この日記について